業務用カートリッジ純水器
販売・サービスのサンエイ化学株式会社

Tel:0120-119-257 電話受付:平日9:00〜18:00

Fax:0120-961-959 受付時間:24時間

Contact

お知らせ

実験室には純水器

水道水には、イオン成分などの不純物が含まれているため、学校の実験室で行う理科実験や企業での研究開発において
正確な実験結果を得るには、純度の高い純水(精製水)が不可欠です。

その一方で

  • 「実験室で使用する純水を常時利用できるようにしたい」
  • 「純水に費やす費用をなるべく抑えたい」

といった悩みを抱えている先生方・研究員の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような悩みを感じている方には、当社サンエイ化学「カートリッジ純水器.com」がお力添えになります!

自己紹介が遅れましたが
当社サンエイ化学は、カートリッジ型純水器・純水(精製水)のメーカーであり
国内唯一のメーカー直営販売店でもあります。

メーカー直売の強みを活かして
純度の高い純水を、圧倒的な安さで提供している「水のプロフェッショナル」です。

この記事では、実験室で使用する純水にお困りの方向けに
理想的な純水器の選び方について解説します。

実験室におすすめな純水器はどれ?使用用途で選択

実験室におすすめな純水器はどれ?使用用途で選択

理科の実験室や企業の研究室に必要な純水(精製水)は
純水器を使用するか?ボトルタイプの純水を購入するか?の2通りの方法があります。

ですが、定期的に純水が必要な時には
まずは純水器が候補に挙がるのではないでしょうか?

純水器を利用すると、水道の蛇口につなげるだけで
簡単に水道水から純水を作ることができます。

ですが、ちょっと注意が必要です!

純水器にはサイズが何種類かあり
どれを選ぶかによって、値段が大きく変わってくるからです。

実験室には、どのような純水器が合っているのでしょうか?

純水器の主な種類と価格

純水器は実験室以外にも、工場での大型機械の洗浄や、自家用車の洗車・家庭の清掃などなど
様々な用途で用いられます。

そのため、純水器のサイズ・容量もバリエーションに富んでいます。

概ね、実験室用で用いるものとしては、小型の純水器がマッチするとは思いますが
「カートリッジ純水器.com」で取り扱っている
主な純水器のサイズ・価格などを紹介します。

機種(イオン交換樹脂量) 価格 最大通水量 重量 1Lあたりの価格
CP-5(5L) 38,500円 900L 約9kg 42.7円
CP-5(10L) 57,200円 1,800L 約17kg 31.7円
CP-5(20L) 74,800円 3,600L 約36kg 20.7円

※最大通水量は、1本のカートリッジから採水できる純水の総量です。

実験室用純水器

詳しくはこちら:「カートリッジ純水器製品一覧ページ」

つまり、イオン交換樹脂(化学変化を起こし、水道水から不純物を除去する物質)が多い機種ほど
1本でたくさんの純水が採れる(=長くたくさん使えばコスパが良い!)ということです。

しかし、表にある通り
初期費用は小型のものの方が安くなります。

また、イオン交換樹脂量が多ければ多いほど
純水器本体のサイズも大型になり、重くなります。

ですので、純水器は用途・使用量・使用頻度などを踏まえて
最適なものを選ぶのが正解!ということになります。

あくまで一般論ですが
自家用車の洗浄で10Lサイズをおすすめしていますので
学校の実験室で使用する純水器としては5Lサイズが良いのではないかと思います。

ちなみに・・・・
「カートリッジ純水器.com」では全サイズ水質は統一で
1μS/cmです。

「小さい機種より大きい機種の方が高スペックなのでは・・・?」

という心配は無用です!

実験室には純水器(純水装置)とボトルタイプの純水どちらがいい?

実験室には純水器(純水装置)とボトルタイプの純水どちらがいい?

現在、純水器を使用されている方も
あるいはその都度ボトルタイプの純水を購入されている方も

当社サンエイ化学の製品を理解していただくことで
「安くて高純度の純水が必要」

という悩みがズバッと解決していただけるハズです!

純水器とボトルタイプの純水、それぞれのメリットや注意点について紹介します。

実験室に純水器(実験装置)を導入するメリットと注意点

カートリッジ純水器 本体 CP-5 【型番】CP-5

カートリッジ型純水器は
蛇口に取り付けるだけでの水道水から純水を採水できる装置です。

(純水器のメリット)

  • 必要な量の純水をその都度作れる
  • 長期で使用すれば安い
  • 小型の装置なので場所を取らない

(「カートリッジ純水器.com」の純水器)

  • 水質:1μS/cm以下(国内製の純水器として「高純度」な品質です)
  • ¥38,500~(「カートリッジ純水器 本体 CP-5」:再水量900L:1Lあたり42.7円!)

※国内メーカーとして高純度の目安となるのが、電気伝導率。
(純水は電気をほとんど通さないので、電気伝導率が小さくなるのですが
当社製品はすべて1μS/cm以下!

※イオン交換樹脂量5Lのカートリッジ純水器は、大体3万円台~9万円程度が相場です。
高純度・1年保証付き・コールセンターのある専用販売サイトのある純水器は「カートリッジ純水器.com」だけ!

(純水器の注意点)

  • 初期費用がかかること

→しかし、長く使用していただければ必ず元は取れます!

実験室にボトルタイプの純水を購入するメリットと注意点

精製水5ℓ

純水は、ボトルタイプでも販売されています。

(精製水のメリット)

  • 少量から注文可能
  • 純度にこだわって商品を選べる
  • (当社サンエイ化学「精製水.com」のボトル型純水のメリット)

  • 水質0.38μS/cmの超高純度!
  • 直営サイト「精製水.com」で定期購入やまとめ買いがお得!しかも送料無料!
  • (例20L×5箱まとめ買い:9,633円、定期購入5L:1回あたり1,209円)

  • 14時までの注文で即日発送

(ボトルタイプの純水の注意点)

  • いったん開封したらできるだけ早く使用しないと、不純物が混ざってしまうリスクがある

→「精製水.com」の純水器は、コック付きの密封性が高い容器のため、開封後6か月間程度は品質に問題なく使用していただくことができます。

  • 注文を忘れてしまうと、必要な時に純水が使えない可能性がある

→まとめ買いや定期購入をしておけば購入漏れの不安も問題ナシ!万が一、まとめ買いしていなくても「精製水.com」なら即日発送だから「間に合う」。

実験室の純水器でコストにこだわる理由

実験室の純水器でコストにこだわる理由

「実験結果を正確に得るため」という目的だけのためであれば
当社も精製水の純度のみをお伝えすればよいのですが

この記事において、純水器のコストにもこだわって先生方にオススメしているのは?
当社としての思いがあります。

その思いのきっかけとなったのは
少し古いですが、2013年の以下のニュース記事。

PTA会費の流用、背景には教育予算の不足も-斎藤剛史-

参考:「ベネッセ教育情報サイト」

多くの公立高校では、教育のための予算が不足しており
本来は手を付けてはならないPTA会費から、先生の残業代や備品の購入代などが

支払われていたことが判明した、という内容のニュースです。

その後、教育関係のニュースを追いかけていますが
教育のために使用できる予算は年々、厳しくなっているという内容をよく目にします。

自治体によって多少の違いは見られるかもしれませんが
教育の現場の先生方は、共感していただける方も多いのではないでしょうか?

当社の純水器の品質・価格については、半導体メーカーをはじめ
多くの企業様などから高評価を得ています。

教育の質を落とすことなく、しっかりとコストを削減して
未来の人材育成にしっかりと役立てていただきたいのです!

そして、この思いは

リーマンショック以降、研究費削減などから思うような研究が進められていない
企業の研究・開発職の方に対しても同様に持っています。

正確な実験結果・開発結果のため、ぜひ

「カートリッジ純水器.com」の純水器
「精製水.com」の精製水

を役立てて下さい!

カートリッジ純水器.com

まとめ

この記事では、実験室で使用するための純水の選び方を解説しています。

純水の選び方としては、純水器(純水装置)を購入する方法と、ボトルタイプの純水を購入する方法があります。

「純水装置」なんて聞くとかなり高額なイメージを持たれるかもしれませんが
当社「カートリッジ純水器.com」なら、3万円台から購入可能!

「けっこうすぐに元が取れるなぁ」と思われた先生も多いのではないでしょうか?
「純水器.com」には価格面の他にも以下の特徴があります。

  1. 注文後、即発送!
  2. 専用サイトで消耗品・オプション品まですべて購入可能
  3. コールセンター(0120-119-257:平日9:00~18:00)対応
  4. 1年保証あり
  5. 1μS/cm以下の高純度

実験室・研究室での高品質・低コストの精製水を探されている方は、ぜひチェックしてください。

また、純度にさらにこだわって純水器を探されている方は
「精製水.com」の高純度精製水もオススメです!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク

お問い合わせサポート

  • Tel:0120-119-257

    電話受付:平日9:00〜18:00

  • Fax:0120-961-959

    受付時間:24時間

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ